top of page
商品チェック

業務スキルプログラム

アパレル店舗で戦力として働ける

知識とスキルを身につけよう。

アパレル各社の店舗業務の内容は、少しの違いがあるにしても、大きな流れは変わりません。本部から送られてきた大切な商品をカッコよくお見せして、お客様に喜んでお買い上げいただくために店舗が存在します。

業務スキルプログラムで学ぶ、ファッション用語や、簡単なミシンスキル、アイロンのかけ方、ラッピング、おしゃれに着こなすテクニックは仕事だけでなく、プライベートの服装にも大きく影響を与えます。更に、それ以外にもビジネスで最低限必要なパソコンスキルやコミュニケーションスキル、文書スキル、ビジネスマナーのプログラムから、それらを手に入れて自分自身の可能性の幅を広げましょう。

多くの方が「自分がアパレル?」

と思っていたという事実。

「洋服が好き」、「アパレル業界で働きたい」という方はもちろんいます。でも、みんながみんな、そう思ってアパレル業界に入ってきたとは限らないのです。もともとは、「ちょっと興味あるな」ぐらいのとても小さなきっかけからアパレル業界に入ってきたという方も実はたくさんいます。業界に対する思いは大切ですが、それはアパレル業界に携わる時間と比例して、少しずつ増えてくるものです。みなさんの心にあるその小さな興味、見逃さないで。

ビジネスマナー研修がない?!

ファッション雑誌を見るのが研修?!

アパレルショップの在庫

ビジネスマナーよりも大切なもの。

ビジネスマナーは必要であることは当然ですが、就職活動に入れば個々の状況や必要性に応じてビジネスマナーを教えることができます。更に、もっと大切なことは就職をした後に、店舗の先輩や上司、そして同僚との日常的な挨拶や気遣いや質問などのコミュニケーションです。日常的なコミュニケーションは日常の中で習得できるものです。

だから、アグスキャリアではごくごく自然にコミュニケーションができるようになるプログラムをいくつも用意しています。


例えば、新作の洋服に触れたとき、その質感や色合いについて、自然と感想が出てくるものです。洋服が人と人とのコミュニケーションの共通項になってくれるのです。

ファッションマガジン

研修でファッション雑誌を見ていていいの?

楽しくてつい夢中になり、いつのまにか新しい知識を習得できている―。誰でも人生で1度くらいはこんな経験ありますよね。楽しくて夢中になると、こんな好循環を生み出すものです。アグスキャリアではファッション用語やファッショントレンドの習得の際に、この循環を活用します。ファッション雑誌を見て「これかっこいい」「自分もこんな風になりたい」と思うことが第一歩だと考えています。

業務スキルプログラムのメニューはいろいろ

業務プログラム_edited.jpg

現在実施または予定しているプログラムが上表になります。

今後も利用者の要望や実際店舗で必要とされる新たなメニューも随時追加していきます。

bottom of page